freelance

フリーランス・ノマドワーカーの作業場所はコワーキング一択です。

 

悩んでいる人

フリーランスの人ってどこで作業しているんだろう?

いまいち家だと作業が捗らないんだよな。。

どこかいい場所ないのかな?

 

こんにちは、yuyaです。

安部総理からの10万円をどのように使おうかなとワクワクしながら考えていたのですが、

5月の請求が20万円を超える事実に昨日気づき腰を抜かしています。

全ての初期費用が5月にドーンと。

3月の自分に不況になることを教えてあげたいです。

誰かタイムマシン作ってください。

 

さてさて、本日以下のようなツイートをしました。

 

 


 

フリーランスの作業場所はコワーキング一択💡

・綺麗

・低コスト

・インフラの質

・プランが選べる

・集中しやすい環境

ずっとカフェでしたが環境をコワーキングに変えてから作業効率up!
外部環境を整えることは作業の質を上げる大きな要素の一つです。

(くれぐれも三密には気をつけて)

 

さて今日はAさんのような悩みを解決していきます。

実際フリーランスとして10ヶ月(2020/4時点)活動してきた僕の場所選びの失敗談も最後にお伝えします。

 

結論、作業する場所はコワーキング一択。

 

繰り返しですが理由は以下の通り。

 

フリーランスの作業場所はコワーキング一択💡

・綺麗

・低コスト

・インフラの質

・プランが選べる

・集中しやすい環境

ずっとカフェでしたが環境をコワーキングに変えてから作業効率up!
外部環境を整えることは作業の質を上げる大きな要素の一つです。

(くれぐれも三密には気をつけて)

 

順番に解説していきます。

 

綺麗

 

作業場所が綺麗。

それだけでやる気は上がるのではないでしょうか。

自宅だとどうしてもあとで作業するかもしれない理由から紙が散らばったり、本が重なったりしてデスク周りが散らかってしまいます。

いざ作業をしようとなった時に机が汚かったり、部屋が散らかっていると片付けたくなって時間を取られてしまう。

そういった人間誰しも経験することが起きなくて済みます。

 

 

これが僕が契約したコワーキングスペースです。

どうですか、やる気になりませんか?

自宅で作業するより作業効率も格段に上がります。

 

低コスト

 

そんなこと言って、高いんでしょ。

僕も初めは思っていましたが、実際に探してみると安いところは結構多いです。

ちなみに僕が契約しているのは月に¥7,000のプラン。

6:00-10:00、17:00-23:00で月-土しか使えませんが十分な魅力を感じています。

なんだかんだカフェだと1回で500円くらいかかりますし、出入りができないのでずっと作業をすることは難しいです。

飲み会を2回くらい我慢すれば契約できる値段です。

 

そして基本的には月ごとの料金をまとめて支払います。

そのため、行かないと損という状況を作り出せるのも魅力の一つです。

 

 

インフラの質

 

カフェで作業しようと思った時、

コンセントがない、Wi-fiがない、といった経験ありませんか?

あったとしても全席にWi-fiがついている訳ではないので着いた時には埋まっている可能性もあります。

 

そんな時って格段にやる気下がりますし、他の場所を探す時間ってすごく勿体無いです。

コワーキングスペースならWi-fi完備はもちろんのこと充電サービスやフリードリンクなど作業を邪魔しない要素が揃っています

 

プランが選べる

 

契約する方によってプランを変えることができることは大きな魅力の一つです。

多くのコワーキングスペースには追加料金で使える会議室や個人のデスクがあります。

 

コワーキングスペース(一日のみ) 初回無料〜

コワーキングスペース(時間指定あり)

コワーキングスペース(時間指定なし)

コワーキングスペース + 法人登記

コワーキングオフィス + 個人のデスク

コワーキングスペース + チームの個室

 

他のオプションが付いた場所もありますが基本的にはこのようなプランの形です。


 

集中しやすい環境

 

環境は控えめに言って最高です。

カフェは作業しやすいとは言え、お話するところなのでどうしても賑やかな空間になってしまいます。

全員が仕事、作業をしているので無駄な話が耳に入ってくることは少ないです。

 

そして、周りが全員作業をしているという点はやる気が上がる大きな要素になります。

自分も負けてられないという気持ちに常になれるのでこの環境はオススメです。

 

多くのコワーキングスペースではビジネスのつながりを持つことが認められています。

様々な業種の人が作業をされているので彼らの働き方、他業種の魅力のも触れることができます。

カフェではできないですよね。

 

デメリットもある

 

やはり人によってはデメリットに感じる部分もあります。

 

・少し狭い

・周囲の会話が気になる

・ビジネスの話はあまりしたくない

 

契約するコワーキングスペースによるとは思いますが、これらの問題が絡んでくる可能性はあります。

僕は広い場所を選び、かつビジネス勧誘が禁止されているコワーキングスペースを選びました。

周囲の会話は気になったことがありません。

(僕の活動時間が6:00-10:00、17:00-21:00という所が大きな要因)

 

場所選びの失敗談

 

過去に場所選びで失敗した場所を挙げていきます。

 

図書館

 

勉強するには最適かもしれないのですが静かすぎるという難点がありました。

パソコンをカタカタしていると結構見られます。

2時間くらいで申し訳なさから出ました。

 

カフェ・ファミレス

 

平日は最高です。静かで人が少ない。

しかしながら休日や忙しい時間帯に居座るのは大変申し訳ない気持ちになります。

コーヒー一杯で何時間も居座るのも店員さんからの目線が痛い。

特に個人経営の店は大変目線が痛いです。

 

ネットカフェ

 

ならば個室にしよう。そう思いネットカフェに行きました。

ヒッチハイクをしていた時に地方のネットカフェに泊まったことがありました。

その時はかなり安いイメージを抱いていたのですが、都会だと6時間で平気で2000円超えてきます。

これはだめだ。。

 

カラオケ

 

個室で安い場所、ありました。カラオケです。

平日なら昼から夜まで600円で利用できるところもあります。

これは名案でした。安くて長い時間過ごせて、個室で、飲み物も飲める。そしてWi-fiがある。

さあ作業しようと思い30分ほど経過。無性に歌いたくなる。

安いところだと音漏れが結構する。

結果、歌ってしまいましたね。半分以上の時間を使ってしまいました。

 

結論: コワーキングスペース一択

 

作業効率、価格、環境、どれをとってもコワーキングスペースを僕はオススメします。

自分には早い、勿体無い、続けれる自信がないと思っている人。

少し背伸びして申し込んでみてください。

色々な人からの刺激があります。

僕は格段にやる気、効率が上がりました。

 

* コロナの自粛期間について

自粛期間は外出できないので自宅での作業をオススメします。

コロナ期間で力がつきそうなサイトを以下に張っていますので興味があるものは見てください。







-freelance

Copyright© yuya blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.