プログラミング 複業

テックキャンプの評判を元受講生が正直に答えます

 

悩んでいる人

テックキャンプでプログラミングを学ぶことを検討しているんだけど実際通った人の感想を知りたいな。

評判はどんな感じなんだろう?

 

こんにちは、yuyaです。

フリーランス11ヶ月目、プログラミングを始めて半年が経ちました。

現在21歳で大学を休学して、ブログ、プログラミングに取り組んでいます。

今日はこのような悩みを解説していきたいと思います。

 

 

僕にとってはプログラミングを始めたきっかけがテックキャンプでした。

現在、HP作成の打ち合わせを2つの会社さんとしています。

プログラミングを学んだことは自分の価値観を変えました。

僕が受講したプランは現在のエンジニア転職コース(僕が受講した時はテックエキスパートという名前でした)

 

今日は僕が実際にテックキャンプを受講して感じたこと、他の受講者さんの声、そして受講を考えられている方向けに失敗談も伝えていきます。

では紹介していきます。

 

テックキャンプって何?

 

テックキャンプとは株式会社divが運営するプログラミングスクールです。

社長はYoutubeでも活躍されているマコなりさん  Youtubeはこちら

サッカーの本田圭佑選手が受講されたことでも有名なスクールです。 実際の映像がこちら

プログラミングが学べるプランは2つあります。

 

TECH CAMP エンジニア転職(旧テックエキスパート)

TECH CAMP プログラミング教養(旧テックキャンプ)

 

僕が通っていた頃はテックエキスパートという名称でしたので旧名称も記載しておきます。

それぞれの特徴は以下の通り。

TECH CAMP エンジニア転職

・転職、独立に特化している

・学習時間 約600時間

・料金 月々¥35,000- (一括¥648,000(税抜))

・短期集中スタイルと夜間休日スタイルがある

・チーム開発が経験できる

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

 

短期集中スタイルと夜間休日スタイルの違いはこんな感じです


TECH CAMP プログラミング教養

・あくまで教養、どこまでできるようになるかはその人次第

・学習時間 どこまで続けるかによって変わる

・料金 入会金¥198,000+月額¥19,800

・4種類のコンテンツが学びたい放題

→ webサービス開発、オリジナルサービス開発、AI(人工知能)、デザイン

参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会

 

本当にエンジニアになりたいならTECH CAMP エンジニア転職、

今の本業にプラスしてプログラミングスキルをつけたいという方やプログラミングに触れてみたい方はTECH CAMP プログラミング教養がいいかと思います。

 

 

僕の環境

 

僕は現在のTECH CAMPエンジニア転職をなんばスカイオ校で受講しました。

 

 

11月ごろから受講をしたのですが当時は大学に通っていました。

短期的に力をつけたかったので大学はテスト以外行かず短期集中コースを受講していました。

僕は就職していなかったのでフリーランスコースでした。

カリキュラムは他の方と同じなのですが以下のサービスがなかったです。

 

・企業さんのセミナー

・転職のサポートを受けられる

・転職に関する面談

 

まあ就職していなかったので当たり前ですね。(笑)

これ以外のカリキュラムや環境は同じなのでフリーランスを目指す方、学生の方も安心して頂いて大丈夫です。

 

メリット

 

TECH CAMP 転職コースを受講して感じたメリットは大きく分けて3つありました。

 

1. いやでも続けられる環境

 

短期集中コースの場合、平日10:00-22:00まで基本的に教室にいないといけません。

プログラミングはつまずくと本当にやりたくない、遠ざけたいと思う時期もあります。

同じエラーで1日を費やすこともありますからね(笑)

僕も何百回とつまずきましたがそれでも続けれたのは環境が良かったからです。

具体的にどんな環境が良かったかというと

 

① 周りが全員頑張っている

② 分からないところを人に聞ける

③ いい意味で教材が親切じゃない

 

① 周りが全員頑張っている

 

これは結構刺激もらいました。

自分は学生だったので失うものは特にありませんでしたが、周りの9割は社会人の方で、今の仕事を辞める決断をして大金を払い、新しいキャリアに向かって頑張っていました。

子供がいる方もいましたし、40代の方もいました。

もちろん歳が近い方もいたのでたわいもない会話もしましたし、将来の話もしました。

3ヶ月続けられたのは周りが全員頑張っていたことと、仲のいい受講生ができたから。

これが僕は一番大きかったです。

悩んでいる人

でも、他の受講生さんと話せるか心配。。

受講生同士が話せる質問会やオリエンテーションがあります!僕もそこでみなさんと仲良くなりました。

最後の1ヶ月はチーム開発ですので必然的に話す機会ができるので大丈夫ですよ!

悩んでいる人

途中でやめたくなったらどうしよう。。

家庭の事情やどうしても合わなかった場合、返金保証があります!

条件や時期をしっかり確認しておくのがいいかと思います!

 

2.分からないところを人に聞ける

 

プログラミングを勉強していると分からないところがどうしても出てきます。

プログラミングが学校の勉強とは違うところは答えが一つではないところです。

調べても分からないってなった時にプログラミング諦めようと思ってしまう人は多いと思います。

TECH CAMPではメンターという方がいて、分からない箇所をオンラインで質問できるサービスがあります。

実際に遠隔操作で自分のパソコンで生じたエラーを解決してくれるので安心です。

受講生同士でも教え合う環境がありました。

アウトプットすることで知識は定着していくのでお互いに質問し合う環境が嫌だという人はいませんでした。

質問してもらったら嬉しいくらいでした(笑)

 

悩んでいる人

プログラミング以外で相談したいことはどうしたらいいの?

学習方法や今後のキャリアについてサポートしてくれるライフコーチがついてくれます。

学校でいう所の担任の先生です。

僕も今後のキャリアや大学との両立、勉強方法など様々なことを相談していました。

[/st-kaiwa6 ]

 

3.いい意味で教材が親切じゃない

 

これってデメリットじゃないのと思われた方も多いかと思います。

しかしながらこれは僕にとってはメリットでした。

完璧に解説されたカリキュラムだと自分が本当に理解していない箇所も理解した風に捉えてしまいます。

同じ解説は単元が進んだ時に再び出てくることはほとんどありません。

そのため分からないことがあれば調べる、前のカリキュラムの戻ることで知識が定着しました。

分からないところがあれば質問できる環境が整っているので初めから心配することはないと思います!

 

デメリット

 

僕が感じたデメリットは2つです

 

1.土日が使えない

 

土日が使えないことはなかなかきつかったです。

人気のスクールなので仕方ないですがカフェだと個人的にあまり集中できなかったです。

とはいえ仲良くなった受講生の方と集まって作業したり、できていないところを復習に充てる時間に使ったりもできたりもしたので捉え方次第だと思います。

 

2.受講料が高い

 

どうしても受講料は高く感じてしまいます。

僕は割り切って払った分の元を取り返そうと思い行動できたのでよかったのですが、とはいえ高いです。

ご自身のお財布と相談して決めていただけたらと思います。

 

とはいえ確実に回収できます

 

僕の場合だと卒業してからHP作成の依頼を頂いて現在打ち合わせ中です。

単価はおよそ20万円です。

全くの未経験からでも話はいただけるので1年あれば回収は十分可能かなと思います。

 

転職の方でも今の職場より月3万円高いところに就職できれば2年弱で回収できます。

最初はなかなか厳しいかもしれませんがエンジニアはスキルがつけばつくほど年収は上がります。

一度回収してしまえばあとはプラスにしかなりません。

ご自身のキャリアに投資すると考えればそれほど高い買い物ではなく妥当という考え方もできます。

 

他の受講者さんの声

 

Aさん

切磋琢磨できる仲間と共に学んだ日々

私はTECH CAMP(旧TECH::EXPERT)短期コースで学びました。

最初こそそれなりに理解できるようなカリキュラムでしたが、次第に難しくなっていって応用カリキュラムの内容は非常に実践的で理解するのがなかなか難しかったように思います。

また、最終課題においては5人ほどのチームを組んで一つの大きなwebアプリケーションを制作いたしました。

約3ヶ月程度の期間の学びは長いようで短く、非常に充実した日々だったと思います。上に挙げたような難しい項目をクリアすることができたのは、仲間がいたからこそです。仲間から刺激をもらうことが出来たことが私にとって非常にプラスになったと思われます。

 

Bさん

未経験の私でも無理なくできました

プログラミングについて初心者でも学べる環境を探して、こちらの学校を見つけました。プログラミングについて全く知らない私でもそれほど問題なく取り組むことができました。最初の体験会では、人工知能について説明を受けました。人口知能の今後の可能性や、それに影響を受けた人間の今後の対応の仕方など、将来的なビジョンを持つという意味でとても意義を感じる内容でした。プロのエンジニアの方が丁寧に教えてくれたおかげでとてもスムーズに理解することができました。ここで学習したプログラミング知識と技術は今の実務の核となって活かすことができています。

 

Cさん

カリキュラム通りができた後、応用できるかは当人次第

全くの初心者で始めました。
カリキュラム通りに進めたら一応ツイッターもどきが完成させられます。
しかし、そもそも変数や配列が何か深く理解し、自分でオリジナルのプログラミングができるようになるかは上のコースを受講したり、当人のがんばりによるところが大きいと思います。
カリキュラムは退会後は見れないですしね。
メンターの質ですが、オンラインは優秀で、問題があっても遠隔などで何度も解決してもらいました。教室のメンターは、コーチング的なことをやって励ましてくれますが、そんなプログラミングのスペシャリストではなかったです。人手不足なんでしょうか。

 

本当に人それぞれかなと思います。

入ってから思っていたものと違うということを防ぐためにも一度カウンセリングにいくことをお勧めします。

様々なスクールを比較検討する際にも疑問を全てぶつけておいたほうが後々後悔することはなくなるので。

カウンセリングはこちらから↓

未経験から最短でエンジニア転職を目指す

 

もし戻れるなら

 

申し込んでみようかなと思って頂いている方向けに、もし受講する前に戻れるなら何をしておくべきかということを受講者目線で書いていきます。

 

ちょっとだけ勉強しておいたほうがいい

 

これは入ってから本当に感じました。

最初すごいできるな、と思った人は卒業するとき周りよりもできるエンジニアになっています。

もちろん逆転できないことはないのですが、みんな一日12時間勉強するのでやはりスタートダッシュが決まれば有利です。

 

① 理解できているので教える側に回れる

教えることで知識はさらに定着します。わかりやすく伝えようとすることで本質が見えてきます。

 

② 復習に当てることができる

カリキュラムを学習 → チーム開発 という流れなのですがその間に受講生の進捗を合わせるタイミングがあります。

そのため理解が深くカリキュラムが終わっている人は復習に時間を費やすことができます。

 

③ 気持ち的な余裕

リードしている感覚は確実に気持ちの負担を和らげます。

楽しくなってくるはずです。

 

具体的にオススメするのが、progateとできればドットインストールも。

progateはゲーム感覚で学べるので、とっかかりにはちょうどいいかなと思います。

ドットインストールは動画で解説してくれるのでオススメです。

言語は、

HTML → CSS → Ruby → rails → javascript → 開発

という流れで進んでいくので、初めの3つ、いや1つでもある程度理解できていればかなりスタートダッシュが切れると思います!

 

 

まとめ

 

以上、元受講生からのテックキャンプの評判でした。

個人的には本当に行ったことに満足しています。

とはいえ人によって、今おかれている状況によって合う、合わないは確実にあるので一度気になるスクールは話を聞いたほうがいいと思います。

テックキャンプ転職コースと教養コースのリンクを張っているので興味ある方はのぞいてみてください。

転職コース → 未経験から最短でエンジニア転職を目指す

教養コース → 参加者限定特典あり。TECH::CAMPオンライン説明会

 

今回は以上です。

ありがとうございました。

-プログラミング, 複業

Copyright© yuya blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.